【VUCA時代の独学戦術 達人と共に】山口周 × 本間正人 開催決定!3月10日 PM17〜

【よくある質問に答えてみた】N高等学校 通学コースの全貌 #7

 こんにちは。今回の記事では、N高について聞かれることの多いものをいくつかピックアップし、僕の体験に基づいたものになりますが、お話できればなと思います。

 SNSでよく目にするものや、僕自身も親戚などに尋ねられるものを選んでいます。参考になりましたら幸いです!


N高等学校 通学コースの全貌 シリーズ一覧

Back Numberはこちら


① 進路サポートはありますか?

 あります!

 月に1度は必ず担任の先生との面談があり、そこで進路について話をします。面談の時間はもともと50分(1限分)でしたが、生徒数が増えた今は20分くらいで終わる時もあります。もちろん、先生が早く終わらせようとしてるわけではないので、悩みや相談の時はきちんと時間をとってくれます。

 1年生のときは学校生活について話すことが多かったのですが、2年生になると具体的な進路の話なども増え、3年生ではほとんどが進路の話になってきます。受験期には個人差もあるので月に1度と言わず、毎週のように先生と話すこともありました。普通の高校とは違い、卒業後の進路が本当に人それぞれで大変かと思いますが、それでも生徒ひとりひとりに向き合って話をしてくださいます。

 今となっては卒業後の進路について固まっている僕ですが、正直なところ3年生になるまで就職か進学かも決まっておらず、完全に今の進路に固まったのも今年の夏でした。なので面談回数を増やしてもらったり、現役大学生のTAさんにも話を聞いてもらい、今の進路に決まりました。

 他にも、月に1度、1,2年生と3年生とで別れての進路の授業というものもあります。1,2年生は資格の話や、アルバイトなどで気をつけたい労働基準法など授業があります。3年生は、大学や専門学校の出願の手続きや、面接でのコツビジネスマナーなど、すぐに実践できるような具体的な授業を行いました。

 最終的な進路を決めるのは自分自身ですが、間違いなくその手助けをしてくださいます!

② 友達はできますか?

 できます!

 まずN高の通学コースでは、入学して最初の1ヶ月間(4月生以外は1週間ほど)関係構築という授業を行います。名前の通り、生徒同士の関係を築くもので、マシュマロチャレンジやペーパータワーなどの、共通の目的を持った作業を行うので、自然と仲良くなっていきます。その過程で、グループワークを行う上で大切な協調性なども学ぶことができます。こういった授業をする際は必ずグループ分けを行いますが、ずっと同じメンバーではなく頻繁に組み合わせを変えるので、いろんな生徒と満遍なく話す機会があります!

 さらに、N高は趣味や学びたいことが人それぞれなので、少なからず共通点のある人が見つかるのではないかと思います。休み時間にゲームや趣味について話すもの良いですし、授業中でも授業に関係のあることであれば、教え合ったりするのは全然OKです。プログラミングの時間などは、勉強したい分野ごとに席を分けたりしているので、教え合いをしやすい環境となっています。

 キャンパスにはボードゲームも数多くあるので、昼休みや放課後にそういったもので遊ぶ人も多く、それがキッカケで仲良くなった人もいます!

③ 校則、ルールとかは?

 そこまでキツイものはありません!

 髪型 / 髪色の指定もありませんし、制服の着る着ないも自由なので、当然私服でOKです!実際僕も私服で登校していますし、髪も染めています。笑

 ですがもちろん、何でもやっていいというわけではありません。なにか明確に、これが校則です!みたいに定められているわけではありませんが、授業中にスマホで遊んだり関係のない話をしたりするのは当然ダメです。なので、「普通に考えてやっちゃダメなことはダメ!」といった感じです。

 授業の内容や先生によっては、興味のある事柄について調べていいよ〜っといったこともあるので、授業中のスマホ使用は一概に禁止とは言えません。時代の流れに合わせて、学校の決まりやルールを再考する必要があるのではと感じます。

④ プログラミングってどういう授業をするの?

 主に自習の時間となっています。先生が前に立って、生徒に向かって一方的に話すような授業ではありません。基本的には、生徒自身がやりたいことを見つけ、学校の教材を使用してもいいですし、一般のものでもいいので、生徒個人で勉強する時間となってます。前述したように、興味のある分野ごとに席を分けるので、近くにいる人と気軽に教え合うことができます。

 やりたいことが見つからない人向けに「こういうのはどう?」と言った感じの、プログラミングで勉強できる様々な分野の、入門編をまとめたような総合サイトも用意されています。僕も何をしようか迷った時はよく利用しています。

 他の時間とは少し違い、「まったく喋っちゃダメ!」みたいな雰囲気ではないので、比較的まったりした授業です。授業の後半に、今学期で作ったものを発表したりする時間もあるので、他の生徒が何を頑張っているかもわかります!

 ちなみに僕は友人に協力してもらい、僕自身のホームページの製作を行っています。笑

⑤ 部活動はあるの?どんな感じ?

 部活動はあります。ですが基本はネット部活で、それ以外はキャンパスによるところが大きいかと思います。ネット部活についてはN高のホームページを見ていただければわかるのですが、キャンパスによっても部活と言いますか、同好会というのがあります。僕は福岡なので他のキャンパスのことなどわかりませんが、福岡キャンパスでは部活を作ろうとしている生徒さんがいました。(僕の記憶違いじゃなければ笑)

 その時は、ちゃんと活動をして、先生が許可したらいいよ〜みたいな雰囲気の話をしていたので、キャンパス内でのものは作れると思います。その場合は部費などは降りないと思いますが、思い出づくりにみんなで同じことをやるのは、すごい楽しそうです!

⑥ 終わりに

 いかがだったでしょうか。正直なところ、僕もN高に通ってはいますがイマイチわかっていないところが多いんですよね。笑

 そして、通学コースは本当にキャンパスによって変わってくるところが大きいと思うので、僕の話はあくまでも参考程度に考えていただけたらと思います。

 僕もいよいよ残り3ヶ月ほどで卒業ですが、これまでのN高の体験を記事にできたらと思います。今回も読んでいただきありがとうございました。次回もよろしくおねがいします!

(文責:古賀拓馬 @koga_828)

スポンサーリンク
Advertisements
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメントは通報いたします。